· 

ちょっと目線を変えてみて・・・

まず、画用紙に鉛筆で木を描く練習をしました。

 

枝を広げていくのは難しいようで、

 

もう無理と弱音をはく子もいました。

 

枝を黒く絵の具で塗れない子は、

 

キットパスで塗ってみました。

 

塗っているうちに枝も太くなってきました

 

〜K.S先生より〜

 

筆では描けなくても、違う画材を使えば描けた!

 

その臨機応変が大事!

 

今日筆がうまく使えなくても、

 

枝を太く描けた事を大いに褒めてあげたい!

 

今日出来なかった事が、翌月には普通に出来てる!

 

子どもの成長はすごいのです!

 

kei

※写真はイメージです。